Daddyはチャモロ人

グアム島でのバイリンガル子育てや日々の生活を綴ります。

夫の話

ブログのタイトルになってる

ダディはチャモロ人。


私の夫は、グアムの先住民族であるチャモロ人です。スペイン統治時代が300年以上あったのでチャモロ人の苗字は、スパニッシュ系のものが多いです。


結婚した当初、私は、夫の苗字のスペルがなかなか覚えられず、しばらく常に運転免許証を見ながらサインをしたり、名前を書いたりしていました。


息子がK5で学校に行き出した時。

家に帰ってきて、

「僕は、自分の名前が書けないの。」

と、泣き出したことがありました。スペルが難しいのとアルファベット12文字(苗字だけで)を書くのは、5才の息子には、至難の技だったようです。


夫も自分が小さい時同じだったと言うことで

「息子がかわいそうだ。申し訳ない。」

と、それから毎日名前を書く練習を親子3人でしました。



学校では、毎日名前を書かされるのですが、息子の名前は他の誰より長い。

10回みんなが書いても、息子は3回しか書けないことがざらにありました。


家でいつも泣きながら名前の練習をしていたことが懐かしいです。



ちなみに娘が学校に行き出した時、私と夫は、

また息子のようなことになるかもと覚悟していたんですが、、、


娘は、

「いつも私が一番に終わる。でも名前が長いからめんどくさ〜い。」

一度も泣いたことなんてありません(笑)



男の子と女の子でこんなに違うのか?

と夫と話しています。



昨日の夜に夫の友人がアピギギとクリームチーズのパンを持って来てくれました。

サイパン出身のチャモロ人の友人は、家族がサイパンからくるたびこのパンを持って来てくれます。

家族みんなで美味しく頂きました。