Daddyはチャモロ人

グアム島でのバイリンガル子育てや日本と違う学校や仕事の事など日々の生活を綴ります。

息子が生まれた日(後編)

緊急帝王切開でやっと生まれた息子でしたが、

すぐに泣きませんでした。


ヘソの緒が一重に首に巻きついていたため、チアノーゼが出ていました。


すぐに処置をしてお尻をペンペンとすると泣き出しました。


カーテンで仕切られていたので、声が聞こえるまで、私は、隣にいた夫に息子が大丈夫なのか

なんども聞いてました。


声を聞いて

やっと安心したのを忘れられません。


処置が済んだ息子を私に見せようと先生が持ち上げようとした時


あれ?


と、先生が言いました。


処置用のトレーを息子は握っていたらしく、

先生がビックリしてました。


ひと目息子を見せてもらって、今度は、私の処置を先生は、始めました。


そこで片方の卵巣に異常がある事を知らされました。


通常の卵巣は、親指くらいの大きさなのに私の右の卵巣は、握り拳の大きさになっていると言われました。


後々、切除が必要になるから今切った方がいいと言われたので少しだけ正常な部分を残し右の卵巣を切除してもらいました。


切除した部分は、握り拳くらいの大きさで毛がたくさん生えていました。

ゲゲゲの鬼太郎の目玉親父に

毛が生えた様でした。

歯の様なカケラもありました。


私は、双子の片方が育たなかったのかと思って先生に聞いた所、受精をしていない卵子が勝手に分化して毛や歯や骨を作ってしまったからだと説明されました。


これが卵巣嚢腫というのは、あとで調べてから分かりました。


土曜日の夕方に帝王切開で出産しましたが、月曜日の午前中に退院しました。


こちらでは、

普通分娩だと半日(遅くても翌日)、

帝王切開は、2、3日で退院が普通です。


家に帰ってからが大変でした。


この続きは、別のタイトルで書いてみようと思います。

息子が生まれた日(前編)

先ほど、ブログにもアップしましたが、

もうすぐ息子の誕生日🎉なので、

息子が生まれた日の事を綴ってみたいと思います。良かったらお付き合い下さい。



息子が生まれた日は、予定日の1日前でした。

早朝から陣痛がはじまりましたが、

病院からは、陣痛が5分おきになったら、来てねと言われてました。


午前5時ごろから陣痛が5分おきになったので、夫と病院へ。


私が出産の予約をしたのは、バーシングセンターと言って日本の助産院の様な所でした。

当時、まだできたばかりの新しい綺麗な所でした。


病院へ行くと、少し手続きをして、用意された部屋に入ります。看護婦さんが子宮口の開きをチェックしましたが、まだ全開ではないので、

院内を歩く様に言われました。


昼過ぎに子宮口が全開になったのでいきんでもいいよと言われました。でも、旋回異常を起こしていた様で、お産を進めるために人工破水をさせても吸引をしても息子は出て来ませんでした。


午後4時ごろ担当の先生の判断で緊急帝王切開に切り替えましょうと言われました。

でも、その施設では手術が出来ないので救急車で搬送されることになりました。


救急車がすぐに手配できなかったので先生は、夫に車で行った方が早いと言いましたが、


夫は、そんなこと怖くて出来ない。


なんとか救急車を探して欲しいと


頼んでました。


オロオロした夫は、なぜかお義母さんを呼び

救急車より早くお義母さんが病院に来ました。


陣痛を止める注射を打っても陣痛の痛みは、続きました。救急車がやっと来て5分ほどでグアム総合病院へ。


痛みに耐えながら色々な書類にサインをしてやっと下半身麻酔をしてもらいました。


先生もすぐに到着して、帝王切開。

午後5時過ぎに息子は生まれました。

《続く》