Daddyはチャモロ人

グアム島でのバイリンガル子育てや日本と違う学校や仕事の事など日々の生活を綴ります。

ナンパボーイ

昨日のブログの流れで今日は、ナンパボーイと言われる男の子について書こうと思います。


ナンパというのは、日本では、女の子に男の子が声をかける事ですよね(反対だと逆ナンと言われるはず…。)😅


グアムは、南国。ビーチやクラブには、ナンパボーイと呼ばれる男の子達がたくさんいます。


日本語が喋れて日本人の女の子に声をかける男の子をナンパボーイと呼びます。


何人も日本人の彼女がいるという彼らは、日本語が上手に喋れるんです。


日本人には、分かるんですが、女性と男性が話す言葉や話し方って違いますよね。(英語でもそうなんですが)


ナンパボーイくん達は、女性から日本語を習うので女言葉の人が多い。(ちょっと差別的な言い方かもしれませんが、お許しください🙇‍♀️)


夫の知り合いに昔ナンパボーイだったと思われる人がいて、私や子ども達に日本語で話しかける😅

その人が話す日本語は、女言葉。女性から習ったんだなというのが分かる日本語。


私に日本語で話しかけるのは、わからないでも無い(嫌だけど…。)でも、子どもたちにも日本語で話しかけるのがちょっと変。


特に息子は、その人がいなくなってから「喋り方が気持ち悪いんだよ。なんで僕たちにわざわざ日本語で話しかけてくんのかわかんねえ。英語が喋れないと思われてるのか?ばかにされてる感じがする。」

と思いっきり嫌がってる。😓


夫に息子がその事を言ったら、夫は、本人に言ったらしく、ご本人は、女言葉だった事に気づいてなかったらしいです。😅

でも、その人は、その後も日本語で私達に話しかけて来る。夫が言うには、日本語で会話ができるところを見せたいらしい。

ますます意味不明😩


その人がうちに電話をかけて来る事が時々ありますが私と子どもたちは、絶対に電話には、出ません😑(電話番号が表示されるので分かります。)


仕事柄日本語が話せるという人もいるので、

全員そうでは、無いですが、…ナンパボーイ多いです。😱

最近気に入って使っている消臭ビーズ。

洗濯する時にパラパラと洗濯槽にふりかけるだけ。

いい匂いが長続きします。


色々出ているので時々違うのも試したりしてます。😄

出会い

昨日は、若い女性のお客様とお話する機会がありました。

やっぱり聞かれるのは、「どうしてグアムに住んでるんですか?」という質問?


「お仕事でグアムに移住して、結婚して、子どもが2人います。」

というと、「良いなあ〜」と。


彼女たちも海外で住むことに憧れていると言ってました。


お客様の中には、海外移住が夢だという方も多く、そういう方は、色々と情報を集めるためなのか結構プライベートな質問をされます。😅


「旦那さんとどこで知り合ったんですか?」

「友達と行ったカラオケバーで出会いました。」

いつも、正直に答えてます。😄


昔から私は、カラオケが好きで、高校生の頃から時間があれば、友達とカラオケに行ってました。2人で6時間とか平気で歌ってたんです。


グアムには、カラオケボックスが少ない。カラオケは、人気があるのですが、主流は、日本のスナックのスタイル。いくつかのテーブル席とバーカウンターがあり飲みながらカラオケというのが一般的。小さい紙がペンと一緒に渡されてカラオケの本を見て番号を書くと順番に曲が始まる。私がいつも行ってたのは、日本語のカラオケがあるバー。

最初は、みんなの前で日本語の歌を歌うのは、恥ずかしかったのですが、大抵歌が終わると拍手してもらい、いくつかのチップが私の前に来る😅このチップは、私の好きな飲み物が注文できるドリンク券のようなもの。

一曲歌うと2、3枚のチップが誰かから来るので

ドリンクを自分で買わなくても良いんです。

いつもローカルの女の子達と一緒に行ってた(日本人は、私だけ)ので危ない目にあうことなく色々なカラオケバーに行ってました。

当時は、なんて素敵なシステムなんだろうと思ってましたね。😆


ある日入ったカラオケバーにいたのが夫。お友達ご夫婦とよくそのバーに来る常連さんだったらしく帰ろうとした時にそのお友達の人にいつもこのバーに来てるからまた来て欲しいと彼(夫)が言ってると…。

一言も彼(夫)と喋ってなかったのに?


自分で言えないの?とは、思ったけど私の友達が「面白いじゃないもう一回今度行こうよ」って…。


いつ行くとは言わずに何日か後にそのバーに行ったら夫がいた!というのが夫との出会いでした。😅

昨日韓国系スーパーで買ったインスタントコーヒー。

牛乳を入れるだけでコーヒー牛乳になるので今、子どもたちがはまってます😄

牛乳の消費量がハンパ無いです。😭