Daddyはチャモロ人

グアム島でのバイリンガル子育てや日本と違う学校や仕事の事など日々の生活を綴ります。

難しいロミオとジュリエット

昨日は、イングリッシュのテストがあったうちの息子。


お話は、かの有名なシェークスピアのロミオとジュリエット。先月から何十ページものe-メールが先生から送られてきてました。


この、ロミオとジュリエットの話を勉強するのは、日本では、国語で古典文学を勉強する様な感じ。


今使っている英語とは違う意味や言い回しを学ぶそうなんですが、

みんな苦戦している様です。


うちの息子は、「なんでもう死語になってる言葉を勉強しなきゃいけないのか?」


それ、私も高校の古典で同じこと思ったよ!😅


どこの国でも古典文学は、勉強するのね〜。


息子が言うには、みんな先生にバレない様に

顔を隠して寝ていると言います。


とは言っても先生には、分かっていると思いますけど。


今の英語とは、違う言い回しがたくさんあるのでお話の内容は、みんな各自You tube で

映画を見て理解したそう(レオナルドディカプリオの!)。原作と映画でストーリーが変更されてるところは、当然理解しているそうです。


うちは、ちょうど日本で録画したのがあったので息子は、「助かった」と言ってました。


単語集からもテストに出ると言うので50の単語を頑張って覚えてました。


でも、テストは、とても広範囲で

単位を落としてしまうかもと言うくらい出来なかったそうです😰


最後の最後まで先生は、

厳しいと言ってました。


まだ世界地理の課題提出もあるので、忙しい日が続きます。

この中から出たのは、2、3問!

「先生は、僕らに罠を仕掛けた」と言ってました😅

学年末のテストなんだからそんなに簡単な訳が無いんだよ。

シラミ検査😱

今日、家に着くと、娘が「学校で大変だったんだよ。」と言います。


何が大変だったかと言うと、先生が机の上で

シラミを発見したから。


「キャー!シラミがいる」と、


先生が叫んだそうです。

2、3匹シラミが机の上にいたそうで、先生は、ティッシュでとり足で踏み潰したと言います。


すぐにクラス全員が保健室行き。


グアムの公立学校では、シラミが見つかった子は、保健室で看護師の先生が確認をしてシラミがいた場合すぐに家に帰されます。

そして、シラミがいなくなるまで学校に来ることは出来ません。


今日は机の上にシラミがいたので、誰のシラミかわかりませんでした。


だから全員シラミ検査をされたそうです。


検査の結果2人からシラミが見つかりました。


そのうちの一人は、うちの娘が1年生の時から一緒のクラス。

1年生の時も3、4回シラミが見つかり出席停止になってました。

今年もその子は、2、3回目の出席停止。


グアムは、年中夏なのでシラミも多いと思います。色々な家庭環境の子どもが多いので、いつでもこのシラミの問題が公立学校には、あります。


息子が小学生の時もクラスで2、3人にシラミがいて大抵同じ子が繰り返し出席停止になっていました。


私は、シラミの実物を見たことがないのです

が、子どもたちは、髪の毛にうごめくシラミをよく見るそうです。


本当は、先生に言わなければならないのです

が、先生に言うとかわいそうだからと

言います。


学校から帰されるのと、からかいの対象になるから言いたくないといいます。実際、クラスで

「シラミがいる」と大声で言われて、泣いてしまう子も多いそうです。


この件に関しては、色々と考えさせられることがあり難しい問題だなあと思います。


子どもたちとよくこの件に関して

色々話をしますが、

いつもうやむやに終わってしまいます。🤔

今朝のグアム。今日もグアムは、暑かった。

風邪は、大分良くなりました。

咳は、まだ残ってます😓