Daddyはチャモロ人

グアム島でのバイリンガル子育てや日本と違う学校や仕事の事など日々の生活を綴ります。

履修科目の変更


2月に来年度の履修科目を登録した息子。

先日、数字の履修科目を三角関数に変更して、今日は、日本語3をミューラルアートに

変更して来たそうです。😊


今月に入ってから、今のアートの先生からミューラルアートを履修しないか?と言われていたそうで、どうしようか?と言っていたんです。

ミューラルというのは、壁画の事を言うそうで、ミューラルアートのクラスに入ると

学校に壁画を残せると言われたらしい。😅


「何か自分の母校に残せるのって僕やって見たいと思うんだ。けど、日本語クラスが取れなくなるしな〜。」


息子は、3年生で日本語3、4年生で日本語4をとる計画だったのです。今の息子なら、日本語3をスキップして日本語4をとることは可能でしょう。私もバックアップするからミューラルアートをとりたいならそうすれば良いとアドバイスしました。


今日は、カウンセラーのところで変更の事と日本語3と日本語4の履修の件を確認してミューラルアートクラスに履修変更したそうです。


机上の勉強も大事だけど学生の時しかできない勉強も大事だと思う😄


昨日提出したコンクールの絵。

課題は、地元新聞を読んで発見した事だったそうです。

良い結果になると良いなあ😄

足が痛い😓

今日は、娘が学校からの帰り道足が痛いと言い出した。😱


今度は、足?毎日どこかが痛い子どもたち😔


娘の話を聞いてみると、今日は、体育で校庭を4周したそうです。その後は、校庭で自由に遊ぶという適当な体育。😅


だから、筋肉痛ね〜。


こちらの公立小学校では、日本の様な跳び箱やマット運動などカリキュラムにそった体育の授業というのは、小学生では、ありません。


とにかく体を適当に動かすというだけで体育の点数がつけられている様なのです。出席して体を動かしていれば良い様で、ドッジボールやダンスやかけっこが多い気がします。


そんな体育なので子どもたちには、遊びの延長の様な楽しい授業なのですが、体を動かすのが苦手な子どもたちもいるんです。


娘のクラスにいる子は、いつも体育がある日に休んだり早退したりして絶対に体育に参加しない子がいる様です。何か体に問題がある訳ではないので体育の点数がすごく悪かったと本人が言ってたそうでやはり休むのは、よくないのです。


保護者の方針でしょうから周りがとやかくいうことではないんですけど、中学校に行くと体育の先生は、すごく厳しい。(先生は、ほとんどが元軍人か予備役軍人なので、体育は、軍スタイルだと息子は、言ってました😱)


息子が中学生の時に大変だったと言っていたので大丈夫なのかなぁと、ちょっと心配になります。(自分の子どもでは、ないので心配してもどうしようもないんですが…。😓)

今日の地元新聞で気になった記事のスクリーンショット。😆


グアムは、タバスコの一人当たりの消費量が世界一になった事があるくらいみんなタバスコを使います(今も世界一かどうかは、分かりませんが…。)


これは、先日150周年記念の特別なタバスコが発売されたという記事なんです。


お値段 なんと一本約35ドル(約4千円)!😱


好きな人は、買うのかなあ〜🤔